Better Software Testing

ソフトウェアテストをもっと良くしたい

我慢について

近所のドトールタリーズだったかもしれない)でフラペチーノみたいなものを飲んでいるとき、ふと感じたことがある。

自分はこれを飲みたいと思っていないし、飲むことに対してストレスを感じているのでは?

もしかして、知らぬ間に嫌なことを我慢している、、?と感じた。

自分はどちらかと言うと内向的かつ抑圧的な人間である。なにかの目標のためなら努力を続けられる一方で、嫌なこともついつい我慢してしまうようだ。

不思議だったのは、自分がそれを飲むことにしたのは、他の誰でもない自分が選択した行動だということである。自分のあるあるパターンだが、タイプAのストレスをタイプBのストレスで上書きしようとしたのかもしれない。

嫌なことを我慢するというのは、ある意味習慣化したものなので自分にとっては簡単な選択肢だが、健全かと言われるとそうではない。特に社会人を長くやっていく上では、ストレスは極力溜め込まないようにするべきだ。するべき我慢とするべきでない我慢というのがきっとあって、

  • 自分が何かを我慢していることに気がつけること
  • その我慢は、するべき我慢であること

に注意を向ける必要があるのであろうな、と思った。